ご挨拶

小林俊史NPO法人ゼファー池袋まちづくりは、2005年に池袋西口商店街連合会を母体として、魅力と活力あるまちを創りだすこと、安全安心なまちを確立することを目的に発足しました。

2020年を目前に、豊島区が〝国際アート・カルチャー都市″を標榜し、果敢なチャレンジを進めている今、池袋はこれまでになく大きく変化する時代が来ています。8つの劇場&4つの公園計画や駅周辺の大型再開発、新交通システムなど、これから迎える劇的変化は、いずれも「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」の実現のためにあります。
このまちで夢を持つ人、パフォーマンスをしたい人、何かを発信したい人、こうした『池袋ファン』の方々とともに、愛されるまちの魅力をさらに発展させていくことが私たちの役割だと思っています。

池袋は現在も年間を通じて大きなお祭りやイベントの多いまちです。まだまだ知られていない貴重な先人の交友歴など秘宝もたくさんあります。
商店会や町会など地元のメンバーには、これまでに積み重ねた経験から、企業や大学や劇場、行政や公益団体などの地域連携と協働を基本とする信頼関係をもとに、新しい仲間とともに友情を育む文化が根付いています。

「池袋の面白い特長が大好きな人」「池袋がふるさとに思える人」「池袋で何かをやりたい人」…
実は『池袋ファン』というあなた!ぜひご一緒に、池袋というまちをさらに面白くしていきましょう。
きっと素敵な出会いがありますヨ!

NPO法人ゼファー池袋まちづくり
理事長 小林俊史