NPO法人
ゼファー池袋まちづくり

News&Rport お知らせ・活動報告

●3/31 ウイロード水洗い清掃 太陽が高くなり景色も変化しています。

2021.04.01

植田志保さんウイロード再生プロジェクト

汚れが少なくなっています。
ウイロードだけでなく、西口駅前もゴミが激減と言っても大げさではありません。
最近は1、2袋だけ。以前は段ボールや粗大ゴミ、ビン、カン等大量にありました。
朝の業者清掃、シルバースターズ清掃もありますが、コロナで全ての活動が萎縮している影響が大きいと思われます。これを契機に意識変化もあるかもしれません。
汚れや無秩序は減って、清掃や手入れはしっかりやっているということでしょうか。
太陽の位置が高くなり、日当たりも良くなっています。
さて、上のこの虹写真はもう見飽きたくらいなのですが、今回はこれを後ろで見ている人たちがいました。
保育園の子どもたちです。
たまたま保母さんと10人くらいの子どもたちが通ったので、虹が出るよ~!と見せてあげました。
子どもたちはキョトンとしていましたが、保母さんたちは大喜びでした。
角度によって見え方が違ってくるので、子どもにはあまり見えなかったのかも知れません。
今度また通ったら見えるようにするからね。
こちらは初めての場所です。
9時半にやっとこの場所に日が当るようになりました。
冬の間は日射しが低いのでこの場所に日があたりません。
前から狙っていたのですが、やっとその時期になりました。
あと2週間後くらい8時30分くらいに東口ウイロード入口に虹を架けることが出来ると思います。
人通りが増えているのでなかなかタイミングがむずかしいのです。
子どもたちにも見せてあげたい。
雨漏りのスジがだんだん消えなくなっています。
この部分をコーキングしないとダメですね。
ここの部分にも新たな雨漏りのスジ。
以前のウイロードなら気にならなかった汚れも、今は絵が描かれているから何とかきれいに保ちたい。
なかなか見られない天井シリーズです。
壁面と趣が違ってかなりの迫力があります。
目玉のように盛り上がっている部分があります。
上を眺めながら歩かないですよね。
2時間の作業を終え、春色の壁面で。
ますます元気。
大袈裟でなくて、ここはエネルギーを充填する場所のようです。
参加者: IWAK、OKAM、I の3名
TOP